SHIMOTSUI SEA VILLAGE PROJECT
SHIMOTSUI SEA VILLAGE PROJECT

#元祖たこ料理 保乃家(やすのや)

#ディナー#ランチ
<前へ 次へ>

下津井地域3つ星料理店のご紹介
 下津井漁港の代名詞、下津井ダコを極められるお店、保乃家。
 地元で採れたタコから特別に厳選し、良い物がなければ店を休むというこだわりを持った店主、原隆さん。昭和21年に父が始めたタコ料理の技を引き継ぐ。
 何匹ものタコが生けすに入った圧巻の景色を横目に入店すると、気さくな店主が迎えてくれる。
 タコの極意を味わえるのが、名物たこづくし(6,400円)だ。タコ飯、天ぷら、まこしんじょ、タコの子とエラの酢の物、タコの刺身、タコのつみれ汁と様々な調理を施されたタコが続く。
 吸盤が付く程新鮮なタコを生で食べると、自然な塩気がありコリコリした歯ごたえが噛むほどに美味。天ぷらはトロける柔らかさでじんわり広がる甘みが絶品だ。
 まこしんじょは真子(タコの卵)と卵などを裏ごしして蒸したもの。真子のつぶつぶ感が楽しい一品。
 またこだわりはタコに限らない。酢の物の三杯酢は酸味が強すぎず甘い自家製の物を使用。添える野菜も新鮮で美しい。
 京都の料理人から海外の観光客まで広く愛される保乃家。良質なタコが無い時は閉店となるため、訪れる前にはお店に電話で連絡をしてから訪れてもらいたい。
(取材・写真:白井崇裕・文:杉原禎章)


アクセス

〒711-0927 倉敷市下津井1-9-33

営業時間/昼11:00~14:00  夜17:00~22:00定休日/水曜日

ご予約・お問い合わせ/ 086-479-9127